So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

Eldemira Hotelとセルヴィン焼き [グアナファト]

 グアナファトでの滞在は2泊3日とミニマム・ステイのため宿泊先は街中心部にあるEdelmira Boutique Hotelに滞在。

DSC04220.JPG

本当はグアナファトの街を一望できる丘の上にあるホテルや、郊外の豪華なブティックホテルに宿泊したかったのですが、何しろ時間が無いし、セマナサンタで道路は大渋滞で移動が大変なので、観光地にサクッと徒歩で観光できる場所にしてよかった。

 ホテル内部の写真を撮り忘れてしまいましたが…[あせあせ(飛び散る汗)]室内はとても清潔だし、ホテル従業員の洗練されたおもてなしもグーッド。

DSC04332.JPGDSC04256.JPG
朝食の一例。ビュッフェ形式ですが、メインはオーダーします。右はメキシコの伝統朝食チラキレス。

 日本人に人気のある陶器セルヴィン焼きのお店Rincon Artesanalにも行ってきました。ガイドブックに掲載されているだけあり、店内は日本人ばかり。店主の老夫婦は日本びいきで、とても優しく接してくれます。

DSC04221.JPG
Rincon Artesanal
Sopena 5,Centro,Guanajuato
Tel: 473-732-8632

フアレス劇場の並びにあります。扉は閉まっているので、自分で開けてください。我が家も記念に、こんなの買っちゃいました。メキシコチックな独特な色使い。

DSC04345.JPG

セルヴィン焼きは他にもこんなところで売ってましたよ。
DSC04323.JPG
Plaza del Pazにあるお土産屋さん内に、ちょこっとありました。

cono seisはハイグレードなセルヴィン焼きばっかり。すごいいい物が揃っていたけれど、衝動買いするには高過ぎてちょっと買えない[あせあせ(飛び散る汗)]
DSC04324.JPG
cono seis galeria
CalleAyuntamieto #14, Col. Centro Guanajuato
Tel: 473-732-7889
URL: https://www.facebook.com/cono6
 
 セルヴィン焼き工房への現地オプショナルツアーも出てるみたいなので、時間があれば工房に行った方が品ぞろえも豊富でいいかもしれません。ただ、工房は山奥にあるらしく、その道中はあまり安全とは言えないらしいので個人で訪れるのはどうなんだろう…。

 自分たちへの記念のお土産も買ったし、グアナファトよ、Adios[exclamation×2] よく宝石箱のような街と表現されますが、本当に美しい街で、私の写真力では、この美しさをうまくお伝えできないのが残念です。
 
 中央高原の美しい古都で、銀鉱山による華々しい発展や、列強諸国による戦略、スペイン独立運動の発端の場所、独立運動の英雄たちの生誕地、ディエゴ・リベラのような壁画家など、実はこんなにも熱くドラマチックな舞台が繰り広げられていたなんて…。メキシコに来るまで全然っ知りませんでしたよ。この歳になってワタシのラテン世界への視野がパーッと開けた感じです。

 こんな中世ヨーロッパの古い街並みを残した世界遺産都市がまだまだメキシコにはあるそうなので、これから一つずつ訪れてみたいなぁ。
 帰り道、坑道のトンネルを出た瞬間、運転手さんが「Otro Mundo! (別世界!)」と言ったように、もうそこは現代の世界っ!うわーん!もう少し中世都市の余韻に浸っていたかったなぁ。

IMG_0277.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -